サザンクロス

インド洋に浮かぶ小さな島「MALDIVES」で活動する理学療法士 なぎの活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

393日目 無事終了?!

少し前のことになりますが、WORKSHOPが無事に?終了しました。

今回は、マーレの中学生を対象に「加齢について」考える内容でした。
35名ほどの学生が参加し、老年期医学を中心に、栄養や運動、介護についての講義が行われ、その後の意見交換も盛り上がり、配属先のスタッフは満足げでした。

私はというと、特に講義をするわけでも、手伝いがあるわけでもなかったので、普段通り訪問リハビリを行い、その後は写真をとっていました。
せっかくの機会だしと、講義を真剣に聞いてみましたが、全編ディベヒ語の講義を理解することはやはり困難でした。

ただ自分がすごいと感じたのは、日本の悪口を言われたことに気づいたこと!!

あるモ人の講師が、言っていた。

「アジアでは、高齢者を軽視する傾向がある。特に日本人は高齢者を大事にしない。」と。

日本人である私がそこにいることを知っていて、この発言があったのならば、本当に残念だと思うし、そんなふうに考えている人たちと一緒に活動することに、強い抵抗を感じました。
それに、講義の相手は中学生。
彼らを相手にこのような発言をする指導者を、私は尊敬できません。
本当に残念で、嫌な気分になった1日でした。


そして、このところ活動が全くうまくいっていない私。
アシスタントは長期休暇が終わったのに、病気を理由に一向に仕事に来ない。
もう一人のアシスタントも、すぐに病気を理由に休みをとる。
始業時間に誰も出勤してこない。
口だけ達者な同僚たち。

この2か月の間に起こった考えられないモ人の仕事ぶりに、イライラがピークに達していた私。
調整員に怒涛のように愚痴をこぼした結果・・・

来週、ミーティングが開かれることになりました。
後任についても、要請を出すつもりでしたが、話し合い次第でなしになりそうです。
(上司が悪いんですよ。必要な書類を何度催促しても提出しないから・・・。)

残りあと11か月。
有意義な活動を行うために、今回のミーティングは譲れません。

モ人の倍以上働いて「Are you busy?」と、尋ねられる生活はもう嫌だ。






スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ボランティア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<398日目 最終日 | ホーム | 389日目 モ人って・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。